主に IT 技術を整理するためにメモ的に書き溜めています。少しだけフリーソフトもあるよ。コメントを残すには、 facebook を使ってください。

カスタム Zend_Form_Element の作成

Zend_Form を使ってよく Wysiwyg の出力コードを生成するようなカスタムエレメントを生成したいことがよくある。
昔のバージョンでは Zend_View クラスの addHelperPath() をしただけだった記憶があったんだけど、今は少し違うっぽい。
なので一通り調べて実装しなおしてみた時のメモ。

Zend Frameowrk のバージョンは 1.8.1。
ディレクトリ構成は以下の通り。

+--- application ---+--- controllers
|                   +--- modles
|                   +--- forms --- elements
|                   +--- layouts
|                   +--- views ---+--- helpers
|                                 +--- scripts
|
+--- incude --- Zend
|
+--- public_html

もっと読む

CLI(php コマンドライン) から Zend Framework アプリを実行するには

php Zend Framework で構築されたアプリケーションで、定期的に Cron から実行される処理をフレームワークの一部として実装した時のメモ。

手順としては、 php コマンドラインで呼び出した際のオプションを取得し、コントローラ、アクション、モジュール、パラメータを適切に設定してリクエストを構築、ルーター、レスポンスを指定してフロントコントローラを実行する。


もっと読む

Safari のフォーカス時のハイライトを CSS で無効化するには

Safari は自動的に独自の highlight 機能でページ上でフォーカスされているコントロールに水色のボーダーを付けてくれる。これがたまに邪魔なときがある。
これを CSS で無効化するには以下の定義を追加すればよい。

:focus
{
	outline: 0;
}

ubuntu に subversion を導入する

以前 centos で構築したサーバが壊れ、新しく ubuntu サーバを導入したので、これに subversion をセットアップした。その時のメモ。
以前構築したときよりいくから良くなってると思う。前回の記事は
CentOS に Subversion を導入する

CentOS で svn+ssh 環境の構築

環境は以下の通り。


  • Ubuntu 8.10


もっと読む

Mac でスタートアッププログラムを切り替えるには

この前 MySQL をパッケージでインストールしたら、 Mac 起動時に mysqld が勝手に起動する。これを起動しないようにするには、 /etc/hostconfig を修正すれば良い。

$ sudo vi /etc/hostconfig
AFPSERVER=-NO-
AUTHSERVER=-NO-
AUTOMOUNT=-YES-
NFSLOCKS=-AUTOMATIC-
NISDOMAIN=-NO-
TIMESYNC=-YES-
QTSSERVER=-NO-
WEBSERVER=-NO-
SMBSERVER=-NO-
SNMPSERVER=-NO-
MYSQLCOM=-NO-

ちなみにスタートアップスクリプトの場所は、
/Library/StartupItems/MySQLCOM/MySQLCOM
/usr/local/mysql/support-files/mysql.server
なので、これを使って起動したいときは、

$ sudo /Library/StartupItems/MySQLCOM/MySQLCOM start
$ sudo /usr/local/mysql/support-files/mysql.server start

Mac の Shortcuts List

Mac/MacBook 特有のショートカットキーで、 Windows と違うものだけとりあえず書いておく。少しずつ慣れてきた。
覚えちゃえば見ないだろうけど。

Windows の CTL 系ショートカットは CMD キーを代わりに使えば効くことが多い。
あと、 Terminal はコントロールキーがそのままコントロールキーとして働く。で CMD キーを併用すればコピーアンドペイストもできて便利。

ブラウザは Safari 。


もっと読む

Mac で隠しファイルやシステムファイルも全て表示するには

Mac の標準ではドットファイルやシステムファイルが Finder 上に表示されない。これを表示させるコマンドは以下の通り。

$ defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles TRUE
$ killall Finder

戻すには TRUE を FALSE にして実行すればよい。

Safari の Mac で firebug のような機能を使うには

実は safari には標準で firebug のような機能がついていて、標準ではこれが無効になっているだけだったりする。これを有効にするには、 com.apple.safari プロパティに WebKitDeveloperExtras を追加してやれば良い。

$ defaults write com.apple.Safari WebKitDeveloperExtras -bool true

もしくは Finder で ~/Library/Preferences/com.apple.Safai.plist を開いて、さっきのプロパティを追加しても OK 。

これで確認したいエレメントを右クリックすれば、Inspect Element っていうのが確認できるはず。

Linux ディストリビューションの名前、バージョンを知るには

たまに blog を書いていて、自分の環境が分からないときがある。そんなときに便利なコマンドをいくつかメモ。

とりあえずディストリビューションの名前だけでも知りたい時は

# cat /proc/version
# cat /proc/version_signature

バージョンも知りたい時は

# cat /etc/issue

ActionScript 3 で flashvars の取得

最近は ActionScript 3 に移行中、色々と 2 と違う点があって、その度に色々と調べてる。最近さりげなくはまったのがこの flashvars の扱い方。

ActionScript 2 では勝手にスクリプト内の変数に値が代入されたが、 3 では少し違うらしい。


もっと読む

ActionScript 3 で getURL()

ActionScript 2 で使われていた getURL() 関数は廃止になり、代わりに navigateToURL() を AS3 では使うことになったみたいです。

navigateToURL(new URLRequest("javascript: alert('hoge');"), "_self");

最後の "_self" をつけないとブラウザによっては動作しません。

jquery と prototype を共存させるには

prototype から jquery に全面的に移行中、どうしてもどっちも使いたいときがある。そんな時に問題になるのは $ を使ったショートタグの扱いだが、以下のようにすればどっちも使える。

var $j = jQuery.noConflict();

// jquery
$j(document).ready(function(){});
$j("#hoge").html("fuga1");

// prototaype
$("hoge").innerHTML = "fuga2";

jquery で getElementById() と同等のオブジェクトを取得するには

以下は同等の値を代入する。

var hoge = document.getElementById("hoge");
var hoge = $("#hoge").get(0);
var hoge = $("#hoge")[0];

Apache で特定のファイルを強制的にダウンロードダイアログを表示させるには

PDF などを Web サーバに配置して配布した際に、ブラウザのプラグインで PDF を開いてしまい、ダウンロードダイアログを表示させる事ができない事がある。

色々やり方はあるが、こんなことに一々 php などのスクリプトを書くのもバカらしいので、 apache の headers module であっさりとやってしまう方法のメモ。

とりあえず環境は apache2 系。


もっと読む

ActionScript 3 で XML をロードするには

引き続き ActionScript 3 関連ですが、これは 2 と大分異なり、 2 の時は XML オブジェクトの load() を呼んだりしてたけど、 3 ではこの手のロード関連は、 Loader/URLLoader に集約する感じになっているんじゃないかと思う。


もっと読む

SQLite で unable to open database file

このブログでは SQLite を使ってるんだけど、先ほどサーバ以降後に始めてブログを更新しようとしたら、表題のエラーが出てできない。データファイルのパーミッションを確認しても 777 だし、そもそも読み込みはできてる。

調べてみると SQLite は更新時に dbfilename-journal というファイルを一時的に作成するらしく、ディレクトリの書き込み権限がないと更新できないらしい。
もう少し親切なエラーメッセージならなー、と思った。

ssh version 1 のホストキーを作成するには

Slicehost で VPS を借りて ubuntu を使い始めました。とりあえず色々と設定中で、 ssh で protocol 1 を有効にしたら

Disabling protocol version 1. Could not load host key

と言われたので、

# ssh-keygen -t rsa1 -f /etc/ssh/ssh_host_key

とホストキーを作成し、

# vi /etc/ssh/sshd_config
# HostKeys for protocol version 1
HostKey /etc/ssh/ssh_host_key

を追加。

chattr コマンド

Linux コマンドに chattr コマンドという chmod とかよりちょっと細かめにファイルのパーミッションを設定できるコマンドが存在知ることを今日知ったのでメモ。
きっかけは以下のコマンド結果。

[root@latte ~]# id
uid=0(root) gid=0(root) groups=0(root),1(bin),2(daemon),3(sys),4(adm),6(disk),10(wheel)
[root@latte ~]# chmod 755 /usr/bin/wget
chmod: changing permissions of `/usr/bin/wget': Operation not permitted

root が削除できない??
これは chattr +i で root すら削除できないように設定されていたためらしい。 cpanel のセットアップスクリプトにこの手のものが含まれてる事があるっぽい。
解決するには +i したものを -i する。

# chattr -i /usr/bin/wget

Zend Framwork を IIS 上の PHP で動かすには

先のポストに引き続き、 IIS x PHP 絡みで、 Zend Framwork を IIS 上の PHP で動かす時のメモ。特に rewrite モジュールが apache のようにはいかないので、それについて。

とりあえず今回の環境は以下の通り

  • IIS6
  • PHP-5.2.5
  • IIRF-1.2.15

もっと読む

IIS6 で php.ini の再読み込みをするには

IIS6 上で php が動作してる場合に、 php.ini の変更を IIS の再起動無しで反映させるには、アプリケーションプールをリサイクルすればいいらしい。

IIS Manager を開き、ツリービューのホスト配下の [Application Pools](アプリケーションプール?) を開き、 DefaultAppPool (デフォルトアプリケーションプール?)を右クリックして Recycle (リサイクル?)を実行する。

ページ: | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 |
フリーソフトウエア
EnjoiFLV
EnjoiPacket
EnjoiCrypto
ランキング
rank1, rank2, rank3, rank7, rank9, rank10, rank11
todo メモ
facebook 対応
ページ処理
RSS feed
検索機能
認証いる?
更新日表示
実はカテゴリ機能
多言語
実はユーザ機能
ソースその内公開
動作環境メモ
php-5.1.6 with PDO
SQLite-3.3
IE6
FireFox-1.5
RSS
非認証

検索
Google