主に IT 技術を整理するためにメモ的に書き溜めています。少しだけフリーソフトもあるよ。コメントを残すには、 facebook を使ってください。

Coldfusion 7 から MySQL 5 に接続するには

Coldfusion 7 の管理画面からデータソースへいって、データソースの設定をしようとしても、 MySQL 5 用のドライバは標準では用意されてない。
でも MySQL からしっかりと配布されているのでそれを入手して設定すれば普通に使えます。
そのときのメモ。


もっと読む

Coldfusion でファイルを出力する

Coldfusion でサーバ上の画像などのファイルを読み込んで出力するには、 cfcontent を使用します。
<cfcontent type = "image/gif" file = "path/to/file" />

Coldfusion で動的な Form 変数を処理する

Coldfusion で Form 内に Dynamic variable name を使った場合、その入力内容の取得したい場合 Evaluate 関数を使う。
例えば abc_ という固定 name に通し番号の 1, 2, 3 などを付加した場合を考える。

for (i = 1; i LTE < 5; i = i + 1)
{
abc[i] = Evaluate ("form.abc_" & i);
}

Coldfusion で Form 構造体に繰り返し要素を持たせる

Coldfusion で、例えば form タグ内に同じ name 属性を持った要素を複数含んでいた場合、 Form 構造体にはその名前のリストが作成されます。
言葉で伝わりづらいので具体的に以下のコードを見てください。

<form action = "./" method = "post">
<input type = "checkbox" name = "sameopt" value = "1" />
<input type = "checkbox" name = "sameopt" value = "2" />
<input type = "submit"/>
</form>
name 属性が sameopt チェックボックスが二つあります。このフォームでチェックボックスの両方にチェックをし submit すると、 Form.sameopt は以下のようにセットされます。
1,2
,区切りのリスト構造です。 PHP なら、
<form action = "./" method = "post">
<input type = "checkbox[]" name = "sameopt" value = "1" />
<input type = "checkbox[]" name = "sameopt" value = "2" />
<input type = "submit"/>
</form>
$_POST["sameopt"][0] と [1] とい感じで配列になる感じです。で、このリストを一つずつ処理するには、 list 関数を使ったり、 cfloop の list 指定で処理したりするといいでしょう。具体的には、
<cfloop index="i" list="#Form.sameopt#">
という感じです。

Coldfusion でタグをエスケープするには

HTMLEditFormat, HTMLCodeFormat 関数を使用します。
#HTMLCodeFormat (form.inputvalue)#
#HTMLEditFormat (form.inputvalue)#

Coldfusion + SQLServer で最後に追加された ID を取得するには

Coldfusion と SQLServer の環境で、最後に INSERT した際に自動的に発番される ID (シーケンス、オートナンバー)を取得するには @@Identity をうまいこと使ってやります。


もっと読む
ページ: 1 |
フリーソフトウエア
EnjoiFLV
EnjoiPacket
EnjoiCrypto
ランキング
rank1, rank2, rank3, rank7, rank9, rank10, rank11
todo メモ
facebook 対応
ページ処理
RSS feed
検索機能
認証いる?
更新日表示
実はカテゴリ機能
多言語
実はユーザ機能
ソースその内公開
動作環境メモ
php-5.1.6 with PDO
SQLite-3.3
IE6
FireFox-1.5
RSS
非認証

検索
Google