主に IT 技術を整理するためにメモ的に書き溜めています。少しだけフリーソフトもあるよ。コメントを残すには、 facebook を使ってください。

EOLを迎えたCentOS 6の古いパッケージ利用方法

最終更新日 2021-09-18 01:10:50

Centos 6 シリーズは 2020年の11月にとっくに EOL(End of Life) を迎え、サポートは一切されていない。
ただ、仕方なくまだ動いているサーバーはあるわけで、何か追加でパッケージを追加したいなという時に yum が使えず困る。

そんな時は Vault というサービスを使って、古いレポジトリにアクセスし、古いパッケージを yum で入れることができる。

レポジトリファイルの更新


まあ使えないのでどうでもいいのだが、とりあえず何となくオリジナルをコピーしておく。

cp /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo.org


そして、 /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo ファイルを以下のように書き換える。

[C6.10-base]
name=CentOS-6.10 - Base
baseurl=http://vault.centos.org/6.10/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
enabled=1
metadata_expire=never

[C6.10-updates]
name=CentOS-6.10 - Updates
baseurl=http://vault.centos.org/6.10/updates/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
enabled=1
metadata_expire=never

[C6.10-extras]
name=CentOS-6.10 - Extras
baseurl=http://vault.centos.org/6.10/extras/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
enabled=1
metadata_expire=never

[C6.10-contrib]
name=CentOS-6.10 - Contrib
baseurl=http://vault.centos.org/6.10/contrib/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
enabled=0
metadata_expire=never

[C6.10-centosplus]
name=CentOS-6.10 - CentOSPlus
baseurl=http://vault.centos.org/6.10/centosplus/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
enabled=0
metadata_expire=never

これで yum コマンドが動くようになるよ。

参考文献

https://www.getpagespeed.com/server-setup/how-to-fix-yum-after-centos-6-went-eol
最終更新日 2021-09-18 01:10:50

コメント このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーソフトウエア
EnjoiFLV
EnjoiPacket
EnjoiCrypto
ランキング
rank1, rank2, rank3, rank7, rank9, rank10, rank11
todo メモ
facebook 対応
ページ処理
RSS feed
検索機能
認証いる?
更新日表示
実はカテゴリ機能
多言語
実はユーザ機能
ソースその内公開
動作環境メモ
php-5.1.6 with PDO
SQLite-3.3
IE6
FireFox-1.5
RSS
非認証

検索
Google