主に IT 技術を整理するためにメモ的に書き溜めています。少しだけフリーソフトもあるよ。コメントを残すには、 facebook を使ってください。

Munin のグラフ(plugin)の種類を変える

最終更新日 2007-05-11 07:42:08 (1年以上前の記事です)

Munin の設定ファイルやプラグインを変えて、必要なグラフだけを表示するようにしてみた。
基本的にはプラグインへのシンボリックリンクを削除したり作成するだけで、グラフの数は自由に変えられる。実際のやり方をメモっておく。
インストールの仕方や基本設定はCentOS に Munin をインストールするMunin を Debian にインストールするを参考。

プラグインの種類

プラグインの実体は /usr/share/munin/plugins/ ディレクトリにあり、ここに独自のプラグインを追加することも可能。
プラグインといっても、ただの bash スクリプトで、 Munin (rrdtool?) に読み込ませるための文字列を /proc やログから作成して出力しているだけみたい。
簡単にグラフの形を好みに変えたりできるけど、その辺りはまた今度。

必要なプラグインの設定

現在グラフに出力される設定になっているプラグインは /etc/munin/plugins/ にシンボリックリンクとして存在している。このシンボリックリンクは /usr/share/munin/plugins/ のプラグインファイルにリンクしていて、このリンクを作成したり作ったりする事で変更することができる。
例えば CPU のグラフを削除するには。

# rm /etc/munin/plugins/cpu
追加するには
# ln -s /usr/share/munin/plugins/cpu /etc/munin/plugins/cpu
最終更新日 2007-05-11 07:42:08

コメント このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーソフトウエア
EnjoiFLV
EnjoiPacket
EnjoiCrypto
ランキング
rank1, rank2, rank3, rank7, rank9, rank10, rank11
todo メモ
facebook 対応
ページ処理
RSS feed
検索機能
認証いる?
更新日表示
実はカテゴリ機能
多言語
実はユーザ機能
ソースその内公開
動作環境メモ
php-5.1.6 with PDO
SQLite-3.3
IE6
FireFox-1.5
RSS
非認証

検索
Google