主に IT 技術を整理するためにメモ的に書き溜めています。少しだけフリーソフトもあるよ。コメントを残すには、 facebook を使ってください。

CentOS 5 で Wireless LAN を使う

最終更新日 2007-05-19 19:15:17 (1年以上前の記事です)

CentOS 5 + Let's note (Intel® PRO/Wireless 2200BG) で無線 LAN の設定をした。設定をしたと言っても別に大したことはしてないんだけど。

firmware のインストール

まず CentOS 5 をインストールした段階では何故か無線 LAN が認識されず ipw2200 がロードされない。どうやら firmware がいるらしい。 firmware のオリジナルは以下からダウンロードできる。
Intel® PRO/Wireless 2200BG Driver for Linux
dmesg によると CentOS 5 の ipw2200 のバージョンは 1.2.0 。

# dmesg | grep ipw
ipw2200: Intel(R) PRO/Wireless 2200/2915 Network Driver, 1.2.0kmprq
ipw2200: Copyright(c) 2003-2006 Intel Corporation
ipw2200: Detected Intel PRO/Wireless 2200BG Network Connection
ipw2200: Detected geography ZZM (11 802.11bg channels, 0 802.11a channels)
ということで、最新の v3.0 をダウンロード。もしくは rpm パッケージも入手可能。 http://atrpms.net/dist/common/ipw2200-firmware/

モジュールの関連付け

次に eth1 と ipw2200 を関連付ける。以下の行を /etc/modprobe.conf に追加。
alias eth1 ipw2200
で再起動すると、たぶん勝手に色々と追加されて、認識されてるはず。

NetworkManager + wpa-supplicant

今回接続したいアクセスポイントは wpa 認証なので、色々と悩んでいたんだけど、最終的に以下のパッケージをインストールして起動すれば全て解決みたいです。
  • NetworkManager
  • NetworkManager-gnome
  • wpa-supplicant
全て yum でインストールできます。
# yum install NetworkManager NetworkManager-gnome wpa-supplicant
インストールしたら Linux 起動時に全て起動するように ntsysv か chkconfig で設定。
# chkconfig --level 3,5 wpa_supplicant on
# chkconfig --level 3,5 NetworkManager on
# chkconfig --level 3,5 NetworkManagerDispatcher on

wpa-supplicant の設定

wpa-supplicant を起動する前に、起動パラメータを設定して無線 LAN インターフェースが eth1 であることを知らせます。
設定は /etc/sysconfig/ の wpa_supplicant ファイルで行う。

# vi /etc/sysconfig/wpa_supplicant
INTERFACES="-ieth1"
ここまでいったらさっきのサービスを全部起動する。 あとは、 X 上ならアプレットが起動しているし、コンソール上なら nm-tool コマンドで確認できるみたいです。
# nm-tool 

NetworkManager Tool

State: connected

- Device: eth0 ----------------------------------------------------------------
  NM Path:           /org/freedesktop/NetworkManager/Devices/eth0
  Type:              Wired
  Driver:            8139too
  Active:            no
  HW Address:        00:00:00:00:00:00

  Capabilities:
    Supported:       yes
    Carrier Detect:  yes
    Speed:           10 Mb/s

  Wired Settings
    Hardware Link:   no


- Device: eth1 ----------------------------------------------------------------
  NM Path:           /org/freedesktop/NetworkManager/Devices/eth1
  Type:              802.11 Wireless
  Driver:            ipw2200
  Active:            yes
  HW Address:        00:00:00:00:00:00

  Capabilities:
    Supported:       yes
    Speed:           24 Mb/s

  Wireless Settings
    Scanning:        yes
    WEP Encryption:  yes
    WPA Encryption:  yes
    WPA2 Encryption: yes

  Wireless Networks (* = Current Network)
    *linksys_SES_23740: Infrastructure Mode, Freq 0.000 MHz, \
    Rate 62 Mb/s, Strength 87%, Encrypted (WPA)

  IP Settings:
    IP Address:      192.168.1.100
    Subnet Mask:     255.255.255.0
    Broadcast:       192.168.1.255
    Gateway:         192.168.1.1
    Primary DNS:     
    Secondary DNS:   

つないでみる

そして、実際に無線 LAN につなぐときは nm-applet を使えば windows と同じ感じで使えるみたい。
コマンドラインからの有効の仕方がわからないけど、たぶん wpa-supplicant.conf に接続したいアクセスポイントの情報を直書きして eth1 をアクティベイトすればいんだと思う。試してない。
設定だけメモ

ctrl_interface=/var/run/wpa_supplicant
ctrl_interface_group=wheel

network={
       ssid="linksys_SES_23740"
       psk="password_key"
       scan_ssid=1
       proto=WPA
       key_mgmt=WPA-PSK
       pairwise=TKIP
}
最終更新日 2007-05-19 19:15:17

コメント このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーソフトウエア
EnjoiFLV
EnjoiPacket
EnjoiCrypto
ランキング
rank1, rank2, rank3, rank7, rank9, rank10, rank11
todo メモ
facebook 対応
ページ処理
RSS feed
検索機能
認証いる?
更新日表示
実はカテゴリ機能
多言語
実はユーザ機能
ソースその内公開
動作環境メモ
php-5.1.6 with PDO
SQLite-3.3
IE6
FireFox-1.5
RSS
非認証

検索
Google