主に IT 技術を整理するためにメモ的に書き溜めています。少しだけフリーソフトもあるよ。コメントを残すには、 facebook を使ってください。

Windows(Visual Studio) から svn+ssh

最終更新日 2007-06-11 15:26:11 (1年以上前の記事です)

Visual Studio + PuTTY + TortoiseSVN + AnkhSVN でフリーな GUI svn+ssh 環境を構築してみた。
前回で svn+ssh 環境を構築して Linux からは svn コマンドで簡単にアクセスできるようになったんだけど、
肝心の Windows からのアクセスがまだできてなかったのです。
Subversion の構築メモはCentOS に Subversion を導入するを、 svn+ssh 環境の構築メモはCentOS で svn+ssh 環境の構築を参考。

PuTTY

インストール

PuTTY は ssh クライアントです。なかなか便利なので入れておいて損はないです。
ダウンロードはここからできます。
PuTTY Download Page
色々 PuTTY 付属のプログラムを使用するので、セットになったインストーラをダウンロードするのがベストです。
ダウンロードしたらインストールします。

PuTTY 用秘密鍵の作成

RSA の秘密鍵は Linux 上とかで作成していること前提で、まず、秘密鍵を PuTTY 用に変換する必要があります。
Windows のスタートメニューから puttygen を起動して、自分の秘密鍵を指定して変換しましょう。

PuTTY 用 ssh セッションの作成


秘密鍵を変換したら、 PuTTY に ssh 接続のためのセッション情報を作成します。
putty を起動し、 Host Name に ssh 接続に用いる user_name と domain を user_name@domain という形で入力します。
例えばユーザ名が ma でドメインが www.enjoitech.jp なら

ma@www.enjoitech.jp

になります。
次に Category ツリーの [Connection] - [SSH] - [Auth] を開き、 Authentication Parameters の Private key file for authentication に先ほど作成した秘密鍵を指定します。
そしたら再び [Session] に戻り、 Saved Sessions に ma@enjoitech.jp みたいな感じで入力して保存します。

Pageang の実行

次に先ほど設定したプライベートキーのパスフレーズを、 Pageang に登録させておきます。
こうすることで、 SVN する度にパスフレーズを入力する必要がなくなります。
というか、これから使う SVN はパスフレーズを聞いてくれるような機能がないので、これをせざるを得ないという感じです。
pageang を起動し、タスクトレイに現れたアイコンを右クリックして Add key を選びます。
先ほど作成した秘密鍵を選択し、パスフレーズを入力して登録します。

TortoiseSVN

インストール

TortoiseSVN は便利な SVN クライアントです。
これ単体でも十分に通用しますが、今回は Visual Studio 上の AnkhSVN が ssh クライアントとして使うためだけにインストールします。
ダウンロードはここからできます。
Download | TortoiseSVN

設定

インストールしたら、デスクトップでもファイルでも右クリックをするとコンテキストメニューに [TortoiseSVN] というメニューが追加されています。
その中の [settings] をクリックして設定します。
ツリーメニューの [Network] を選択し、 ssh client に C:\Program Files\TortoiseSVN\bin\TortoisePlink.exe を入力します。
これで TortoiseSVN が ssh を使用するときは TortoisePlink を使うようになります。

AnkhSVN

インストール

AnkhSVN は Visual Studio にプラグインとしてインストールできる SVN ツールです。 インストールは前回同様、 ankhsvn: Documents & files: 1.0 からダウンロードして行ってください。

設定

AnkhSVN が使用する ssh クライアントを指定するためには、環境変数を追加する必要があります。
環境変数名は SVN_SSH で、値は C:\\Program Files\\TortoiseSVN\\bin\\TortoisePlink.exe になります。
バックスラッシュはダブらせないとうまく実行しないみたい。
この値で指定されたプログラムを使って AnkhSVN は svn+ssh をサポートします。

実行

実際の使い方ですが、とりあえずレポジトリの内容を svn+ssh で確認してみます。
Visual Studio を起動したら [tool] メニューに [AnkhSVN] が追加されているので、そのサブメニューの [Repository Explorer] を起動します。
起動したら左上の右クリックをしてコンテキストメニューの [Add Repository URL] を選択します。
表示されたフォームに svn+ssh://username@domain/path/to/repository を追加して正常に動くか確認しましょう。

svn+ssh://ma@localhost/home/svn/Test
うまく Test レポジトリの中が確認できたら成功です。

参考文献

Putty and TortoiseSVN - Mono
Martin Woodward: HowTo: Configures SVN+SSH with Subclipse on Windows

最終更新日 2007-06-11 15:26:11

コメント このエントリーをはてなブックマークに追加

フリーソフトウエア
EnjoiFLV
EnjoiPacket
EnjoiCrypto
ランキング
rank1, rank2, rank3, rank7, rank9, rank10, rank11
todo メモ
facebook 対応
ページ処理
RSS feed
検索機能
認証いる?
更新日表示
実はカテゴリ機能
多言語
実はユーザ機能
ソースその内公開
動作環境メモ
php-5.1.6 with PDO
SQLite-3.3
IE6
FireFox-1.5
RSS
非認証

検索
Google